So-net無料ブログ作成

2017年10月のシスターコーナー(シスター小野島のブログ) [カトリック教会]

9月に15年使った洗濯機を廃止にして、新しく購入した洗濯機で気持ちよく洗濯できる
ようになった。やっぱり快適。お風呂の残り湯が使えるのは、以前と同じ。もう一つ小さいものにしようかと思いましたが、残り湯を汲み上げる装置が付いていないので、やはり、長く使うものだから節水が出来る物にした。それにしても前の洗濯機をいつ購入したか調べて貰うと15年前。驚きました。長く働いたね~。洗濯機にお疲れさん、ありがとう!と言ってお別れしました。

9月に中学・高校時代の友人の娘さんから「母がホスピスに入った」との知らせを受け、ずっとマリア様の取次を願って祈り続けた。彼女が何を信じていたのかは知らないが、この友人は、2年前に夫の看病が終わった後、娘達に勧められて健康診断を軽い気持ちで検査を受けたら、すい臓癌の末期。「あと3か月半。今のうちに好きなことをしておきなさい」との告知を受けたと言ってメールをくださった。直ぐに彼女の親友と3人で会った。平静で「もう主人も半年前に見送ったし、両方の両親も見送ったのでどうしても私が居なければいけない人はいないから、残りの日々を楽しく過ごすから、小野島さんには死ぬ準備を手伝って貰いたい」と淡々と言った。それでも手術も受け、放射線治療も受けたが進行するばかり。それで、「治療を受けて苦しんでベッドに横になっている時間が勿体ないからもう延命治療は受けない」と決意して、その旨を選択したことを知らせてくださった。
     IMG_2456.jpg IMG_2459.jpg

ホスピスに入る前まで、普通に一人暮らしをし、3人で月一回の食事会を約一年前に始めてからずっと続けた。彼女の親友と私と彼女の3人で懐かしい話をして大笑いをし、こんなに食欲もある彼女がどの様に最後を迎えるのだろうか…?想像がつかなかった。私は広島を長く離れていたので、彼女達との語らいには空白が多く、珍しい思い出話を聞かせて貰うことが多々あった。8月までこの食事会は続いた。「9月に又会おうね」と次回の集いの日を決めた。この日は珍しく食事が進まなかったので、次回会えるのか?「急激に弱るのでホスピスの予約をするように医者から勧められたので決めたのよ」と告げてくれた。9月5日にホスピスへ面会に行った。「最後は小野島さんに頼んであるので安心なの」と娘さん達に告げていたようで、入院の知らせをメールでくださった。とても穏やかで、娘さん達も安心して任せてくださった。毎日の容態をメールで知らせてくださり、それに応じて夜面会に出かけた。ロザリオを握って貰い、私がこちらで祈る。10月5日の最後の夜彼女はそれを握って安らかに逝かれた様だ。最後の数日は娘さん達と良い時を親子で過ごされた。「本当に神様に感謝!」
  IMG_2477.jpg  IMG_2470.jpg

9月18日は、「広島教区の日」を山口教会で、白浜司教様の司教叙階記念と司祭・修道者のダイ・ヤモンド・金・銀祝のミサが捧げられた。私も翠町教会と幟町教会の友人と3人で新幹線で参加した。沢山の教区の信徒さんに会え嬉しい一時でした。カテドラルへ皆が来られるので、私は余り教会巡りをしていない。教区の日と宣言されると動かなければ…との促しを受け、巡礼の気持ちで出かけた。感謝です!そこで会員とも再会。シスター山本の歌の披露もあり、ザビエル記念館ではロヨラの聖イグナチオのご像の前で3姉妹の写真も撮れた。下関に住む二人の姉妹は時々幟町に来るし、私も毎月下関共同体を訪問しているので、同じ教区内でこうして教区行事に参加出来たのは嬉しい事。
    IMG_2480.jpg
   
10月1日には長崎出身の母子の洗礼式を三篠教会で行った。ヴィタリ神父様の日曜日9時のミサの中で10か月の坊や玲君とママの杏奈さんの洗礼で信者のパパは夜勤明けに、車を飛ばして参加。パパの方のおばあちゃんは長崎から前の晩に来てくださり、パパの弟さん夫婦が代母、代父を務めてくださった。今は毎週司祭が当番であちこちの小教区へミサに移動されるので、このようなことも普通になって来るかも。入門講座の仲間達も数名参加。初めて訪れた三篠教会が大好きになり、これから大いに出入りすることになるかもと感想を述べた。

  IMG_2487.jpg

幟町教会の敬老会の当日は大雨警報でたくさんの欠席の電話が入ったにもかかわらず、盛大に行われ、教会学校の子ども達が先輩達を楽しませようと頑張って余興を準備。子ども達の歌やスピーチが会場を和やかにし、教会だからこその共同体的集いになった。
 

当日、病者の塗油を受けた人達も60名を超えた。高齢者達、病人達が長い列を作って並ばれた。

この他、ヴァチカンから派遣されたフィローニ枢機卿様、ヴァチカン大使のチェノット大司教様の司牧訪問の為の来広。大きな教区行事の多い月でした。

白浜司教様が広島に着座されて色々な教区行事と国内の学会(神学学会、教育者学会)参加者の来広も続き、工事現場の教会にも関わらず休むことがありません。

IMG_2462.jpg IMG_2466.jpg